住宅の豆知識

2021.03.22 住宅の豆知識

ハウスメーカーに外壁塗装を頼むメリット・デメリット



積水ハウスやヘーベルハウスなど大手ハウスメーカーでは、多くの建売・注文住宅に各ハウスメーカー独自開発の高品質な外壁材が使用されています。

しかし、どんなに優れた機能・性能を持つ高品質な外壁材であっても経年劣化や紫外線・風雨などの影響による自然劣化から大切な家族とお家を守るには定期的なお手入れ・メンテナンスが欠かせません。

大手ハウスメーカーの独自開発によって誕生した高品質な外壁材のお手入れ・メンテナンス周期は、お住いの地域の気候・風土によって異なりますが、比較的降水量が少なく穏やかな気候のさいたま市であれば一般的な外壁材メーカーと同じく10年前後が目安となっています。

そのため、定期的なお手入れ・メンテナンスを怠ってしまうと外壁材の変色・チョーキング現象・ひび割れなどの劣化症状や雨漏りなどの住家トラブルを招く原因となります。

大手ハウスメーカーにて独自開発された外壁材のお手入れ・メンテナンス方法につきましては、屋根・外壁塗装を実施している地元の工務店やリフォーム業者などに依頼することで外壁材の劣化を最小限に抑え、住宅全体の機能・性能を新築時の状態にまで近づけることができます。

家づくりに係わったハウスメーカーに外壁塗装を依頼することで様々なメリットがありますが、その反面隠れたデメリットも存在します。

ここでは、ハウスメーカーに外壁塗装を依頼するメリットデメリットについてご説明します。

ハウスメーカーに外壁塗装を依頼するメリット



積水ハウスやヘーベルハウスなど大手ハウスメーカーでは、建売・注文住宅などの家づくりだけではなく屋根・外壁塗装を含め住宅全般のリフォーム・リノベーションも実施しています。

しかし、ハウスメーカーは家づくりを得意とするイメージが強く専門外である外壁塗装を任せても良いのかと不安に思われるご家族も少なくありません。

国土交通省より発表された「平成30年度 住宅市場動向調査報告書」によると、外壁塗装の依頼先として工務店・ハウスメーカーに依頼される世帯が多いことが明らかとなりました。

なぜハウスメーカーに外壁塗装を依頼する世帯が多いのでしょうか。

外壁塗装の施工件数と実績が豊富

ハウスメーカーの多くが日本全国に支店・支社などの営業拠点を置いており、施工可能エリアも広く住宅に関する総合的な知識や施工・維持管理に関する豊富なノウハウを持っています。

さらに、各分野の専門スタッフや幅広い知識と経験、技術力を持つ専属の下請け業者がハウスメーカーのネットワークに所属していますので、外壁塗装の年間施工件数が多く実績も豊富です。

「大手」という安心感と信頼性

ハウスメーカーに外壁塗装や住宅リフォームなどをお願いすると全国各地にある直属の下請け業者または孫請け業者による塗装工事やリフォーム・リノベーション工事を担当することになります。

ハウスメーカーより外壁塗装や住宅リフォームの注文を受けた下請け・孫請け業者の多くは自社の責任で工事を担当するわけではありませんので、なかには手抜き工事をされるのではないかと不安や心配になってしまうご家族もたくさんいます。

しかし、ハウスメーカーの多くが 積水ハウス、旭化成ホームズ (ヘーベルハウス)、住友林業、パナソニックホームズなど日本全国に支社・支店を持つ日本を代表する大規模な住宅メーカーですので、下請け・孫請け業者は自社のミスや失敗によってハウスメーカーの名前に傷を付けたり、泥を塗ったりするようなことにならないよう工事に取り組んでいますので仕上がりには一定以上のクオリティが保証されています。

リフォーム時期を施主様の希望するタイミングに合わせてくれる

大手ハウスメーカーの多くが日本各地の下請け業者と数多く契約していますので、屋根・外壁塗装の繁忙期となる春と秋、台風などの自然災害発生後であっても施主様ご家族が希望するタイミングに合わせて塗装工事が実施できるよう臨機応変に対応してくれるケースが高いです。

外壁塗装を含む住宅全般の総合的なリフォームに対応可能

キッチン・浴室・トイレなどの水回り設備や床材・壁紙などの内装は屋根・外壁塗装のメンテナンス周期に近いタイミングで耐用年数を迎えます。

住宅、リフォーム・リノベーション、不動産事業、都市開発事業、資源環境など幅広い事業内容に取り組んでいるハウスメーカーであれば、一般的な屋根・外壁塗装業者やリフォーム業者とは違い、住宅に関するあらゆるメンテナンスや交換・修繕工事をまとめて請け負うことができますので、1度に2か所のリフォーム・リノベーション工事を実施することができ交換・修繕などにかかる費用を抑えることができます。

ハウスメーカーに外壁塗装を依頼するデメリット



屋根・外壁塗装や住宅リフォーム・リノベーションをハウスメーカーに依頼することで一定以上のクオリティが保証されることは施主様ご家族にとって非常に喜ばしいことです。

しかし、なかにはハウスメーカーに屋根・外壁塗装を依頼したことで不利益が生じたご家族もいます。

なぜハウスメーカーに外壁塗装を依頼することで不利益やデメリットが生じるのでしょうか。

外壁塗装を含め住宅全般のリフォーム費用が高め

日本全国に支店・支社などの営業拠点を置くハウスメーカーでは独自のネットワークにより施主様ご家族から受注した住宅リフォーム・リノベーションに関する施工内容に応じて各分野の専門的な知識と技術を持つ下請け・孫請け業者に仲介・紹介することで臨機応変な対応とフットワークの軽さを実現しています。

しかし、大手ハウスメーカーに屋根・外壁塗装やリフォーム・リノベーションを依頼した場合、下請け・孫請け業者への仲介・紹介手数料などが発生するため一般的な工務店やリフォーム業者に依頼するよりも20%~50%ほど工事価格が高くなり金額にすると平均50万円~100万円ほどの違いが出てしまいます。

選べる塗料の種類が少ない

屋根・外壁塗装をハウスメーカーに依頼した場合、塗装時に使用する塗料や塗装工法の種類などを含めてマニュアル化が徹底されており施主様ご家族が自由に塗料の種類や塗装工法などを選択することができません。

昨今さいたま市を含む9都県市で問題となっているヒートアイランド現象対策や地球温暖化対策として脱炭素・二酸化炭素排出量削減に貢献できる遮熱・断熱塗料など機能・性能に優れた塗料を屋根・外壁塗装時に使用したくてもできないということになります。

また、ハウスメーカーのなかには自社専用塗料以外の使用ができないケースもありますのでハウスメーカーに屋根・外壁塗装工事を依頼する際は見積もりの段階で使用できる塗料の種類や塗装工法などについて確認しておくことをおすすめします。

施工品質にバラつきがある

通常、屋根・外壁塗装の責任は実際に塗装を行った下請け・孫請け業者ではなく施主様ご家族から工事の依頼を受けたハウスメーカーにあるため仕上がりや品質が悪くても下請け・孫請け業者には一切の責任はありません。

しかし、多くの下請け・孫請け業者はハウスメーカーの名前に傷を付けたり、泥を塗ったりしないよう一定以上のクオリティに仕上がるよう塗装工事を行っています。

しかし、ハウスメーカーの下請け・孫請け業者に所属している塗装業者のなかには施工実績の乏しい業者や仕事が雑な業者も混ざっています。

そのため、下請け・孫請け業者ごとに屋根・外壁塗装の仕上がりにバラつきがあり施主様ご家族の意見がきちんと反映されないことも少なくありません。

ハウスメーカー側もある程度の基準を設けたうえで下請け・孫請け業者と契約を結んでいますが、すべての下請け・孫請け業者がハウスメーカーのマニュアルどおりに工事を行う優良な塗装業者とは限らず、運が悪ければ残念な業者に当たってしまうことがあります。

リフォーム後の不具合やトラブルへの対応が遅い

ハウスメーカーに外壁塗装やリフォーム・リノベーションを依頼した場合、実際に工事を担当する業者は下請け・孫請けであることが多く、施工後に不具合・トラブルが発生した経緯や責任の所在を明らかにするまでに時間がかかり対応が遅くなることも少なくありません。

とくにハウスメーカーが中心となって実施される大掛かりなリフォーム・リノベーション工事では関係する事業者が多いため、施工後に不具合・トラブルが発生してしまうと各事業者と施主様への確認作業や連絡などの対応が遅くなったり話し合いがスムーズに進まなくなったりします。

ハウスメーカーと地域密着タイプの工務店 どちらに依頼すべき?



積水ハウスやヘーベルハウスなど日本を代表する大手ハウスメーカーと地元・さいたま市の地域密着タイプの工務店 どちらに屋根・外壁塗装を依頼すべきか答えが見つからないご家族も多いのではありませんか。

施工件数が多く実績が豊富なハウスメーカーには、

  • 「大手」という安心感と信頼性
  • 臨機応変な対応とフットワークの軽さ
  • 総合的な住宅リフォームが可能

などのメリットがあります。

しかし、ハウスメーカーに依頼した外壁塗装や住宅リフォームなどを担当するのは下請け・孫請け業者であるため工事費用に仲介・紹介手数料などがプラスされ地域密着タイプの工務店と比べると総工事費用が高くなります。

ほかにも、契約を行うハウスメーカー側の担当者と実際に工事を担当する下請け・孫請け業者の所属が違うと施主様ご家族の要望や希望が正しく伝わらず思っていた仕上がりと大きく異なるなどのデメリットがあります。

一方、地域密着タイプの工務店は、

  • 下請け・孫請け業者に仕事を発注しないため総工事費用を抑えられる
  • 見積もりから契約、施工までを一貫して行うため伝達ミスが無い
  • お好みの塗料や塗装工法などを選択できる
  • リフォーム後、不具合やトラブルが発生したらすぐに駆け付けてくれる
  • 景観法などを取り入れた屋根・外壁塗装が可能
  • 工事を担当する職人の技術力などを事前に確認できる

など様々なメリットがあります。

ただし、2021年現在 さいたま市内には600件を超える屋根・外壁塗装業者があり優良業者を見つけるまでに非常に労力がかかります。

また、地域密着タイプの工務店もハウスメーカー同様、施工後のアフターケアや保証制度を設けていますが保証内容が業者ごとに異なる、倒産・廃業してしまった場合 保証が受けられないなどのデメリットがあります。

外壁塗装などをハウスメーカーに依頼するのもひとつの方法です。



家を建てたハウスメーカーには自社で建てた住宅に関する詳細な図面や仕様書などが大切に保管されていますので屋根・外壁塗装と併せてリフォーム・リノベーション工事を行うことも可能です。

また、アフターサービスとして定期的な点検・メンテナンスを実施した情報も保管しているハウスメーカーであれば図面・仕様書・点検やメンテナンス履歴をもとに見積もりや打ち合わせなどを行うことができます。

しかし、ハウスメーカーは大規模なリフォーム・リノベーションを実施するにはおすすめですが、ご家族のライフスタイルや家族構成に合わせた自由なリフォーム・リノベーションを行うことが難しく、工事にかかる費用も一般的な工務店と比べて高い傾向にあります。

四季彩ホームではハウスメーカーと同じく外壁塗装、屋根工事、そのほか外装・内装リフォームなど住宅全般のリフォーム・リノベーションを取り扱っておりますが、自社職人による施工を中心としている点に大きな違いがあります。

また、外装劣化診断士による無料診断、損害保険登録鑑定人による火災保険申請サポートも行っております。

予算の都合上ハウスメーカーに依頼するのは難しい、自由度の高い外壁塗装やリフォーム・リノベーション工事を行いたいとお考えの施主様は、ぜひ1度四季彩ホームまでご相談ください。

▼このページをシェアできます
ページトップ
さいたま市の外壁塗装は四季彩ホーム
SKSジャパンホールディングス株式会社
〒336-0017
埼玉県さいたま市南区南浦和2-40-1第二愛興ビル5F
TEL:0120-860-431

お電話でご相談

メールでお問い合わせ