住宅の豆知識

2019.06.26 住宅の豆知識

外壁塗装を長持ちさせる5つのポイントとは?定期的なメンテナンスが大事な理由

▼このページをシェアできます

外壁塗装を長持ちさせる5つのポイント

365日、つねに紫外線や雨風などにさらされている外壁は、お家のなかでもっとも傷みやすくい個所ですので、定期的にメンテナンスを行い、お家の劣化を防ぐ必要があります。

外壁塗装の費用相場は、塗り面積200m2あたり80~150万円と高額なため、気軽に「お家の外壁が汚れたからキレイにしてほしい」と、お願いすることはできません。

けれど、外壁のメンテナンスを怠ってしまうと、塗膜の剥がれ、コケやカビの発生、ヒビ割れなどのトラブルを引き起こし、お家の寿命を縮める原因となります。大切な家族とお家を守るためにも、しっかりと外壁のメンテナンスを行うことが大切です。

そこで今回は、大切なお家を守るために欠かせない外壁塗装を長持ちさせるコツをご紹介します。

塗膜の剥がれを見つけたら放置しない

塗膜が剥がれかけていたり、すでに剥がれている箇所を発見したら、すぐに外壁塗装屋さんに連絡して補修工事を行ってもらいましょう。

外壁塗装の塗膜の剥がれや浮きなどを放置してしまうと、そこから雨水や雪などの水分が入り込み、お家の内側から建物の構造を腐食させてしまう恐れがあります。

さいたま市などの、降水量が比較的少ない地域であっても、朝晩の気温差などによって生じる結露や空気中に含まれる水分などによって、腐食してしまう場合があります。

お客様のなかには、「外壁塗装工事は、必ずお家全体に行うもの」とお考えの方も多いですが、部分的な塗装の補修工事も可能ですので、ご安心ください。

ただ、長いあいだ外壁塗装をしていないと、補修した箇所が目立ってしまいます。そのような場合は、全体的なお家の外壁塗装を行う良い機会ですので、家族や業者さんと相談されることをおすすめします。

耐久性の高い塗料を選ぶ

外壁塗装工事で使用される塗料には、「アクリル」や「シリコン」など、いろいろな種類があります。

塗料は、種類ごとに耐用年数が違うため、選んだ塗料によっては、すぐに塗膜が剥がれたり浮いたりしてしまうことがあります。

外壁塗装を長持ちさせるポイントは、耐久性に優れた塗料を選ぶことです。

たとえば、コストパフォーマンスの良いアクリル塗料は、カラーバリエーションが豊富で軽量な塗料として知られていますが、耐用年数が10年以下と非常に短く、定期的に塗り替える必要があります。

しかし、一般的な住宅ではあまり使用されていない高価なフッ素塗料は、耐用年数15年~20年と非常に長く、さらに耐候性や撥水性などにも優れているため、東京スカイツリー、レインボーブリッジ、六本木ヒルズなど、大型の建築・建造物に使用されています。

ただ、フッ素塗料は、長い目で見ればコストパフォーマンスが良いかもしれませんが、1回の外壁塗装工事にかかる費用が1m2あたり3,600円~4,700円とたいへん高額なため、戸建てのように10年に1度のペースで外壁を塗り替えることができる場合は、耐用年数10年~15年ほどのシリコン塗料を選ぶのがおすすめです。

塗装時、塗料の塗布回数を増やしてもらう

外壁塗装工事では、下塗り・中塗り・上塗りの合計3回行う「3回塗り」が基本とされています。

その理由は、外壁塗装の塗り替えに使用される塗料は、“最低でも3回は塗布しないと、それぞれの塗料が持っている優れた性能を引き出すことができない”と、各塗料メーカーが公式に発表しているからです。

けれど、塗装時、業者さんにお願いして塗料の塗布回数を3回から4,5回へと増やしてもらうと、通常よりも長く外壁の塗膜を長持ちさせることが可能となります。

ただし、塗料の種類、外壁の劣化状況、仕上げの種類などによって、塗料の塗布回数が異なりますので、外壁塗装屋さんと相談して、塗料の塗布回数を決めるようにしましょう。

塗装箇所によって塗料を決める

外壁塗装工事をお願いする場合、お家の立地条件や塗装面に応じて塗料を決めるようにしましょう。

太陽の日差しをたっぷり浴びる南側は、紫外線の影響によって塗膜の劣化が激しくあらわれるため、耐用年数の高いフッ素塗料や遮熱・断熱塗料などを使うと、より長持ちさせることができます。

反対に、あまり太陽の当たらない北側は、湿気が溜まりやすく、ジメッとしていますので、コケやカビが発生しないようにメンテナンスしやすい塗料を選ぶのがおすすめです。

塗装箇所に合わせて、塗料を決めることはコストパフォーマンスを良くすることにも繋がりますので、外壁塗装屋さんと相談して、塗料の特性に合わせて塗装箇所を決めていきましょう。

こまめに外壁のお手入れを行う

外壁塗装屋さんにキレイに仕上げてもらったお家の外壁を少しでも長持ちさせるためには、定期的に外壁のお手入れを行うことも大切です。

たとえば、

  • 塗膜が剥がれかけていないか、剥がれている箇所は無いか、定期的にチェックする
  • コケやカビが発生していたら、高圧洗浄機やブラシを使ってキレイに洗い落とす
  • ホコリや泥などが付着していたら、タワシやスポンジ、洗浄剤を使って汚れを落とす

など、家族みんなで、お家の外壁をこまめに掃除して、いつでも清潔な状態に保つようにしましょう。

こまめに外壁の掃除を行っていれば、普段は見逃してしまいそうな小さなトラブルもすぐに見つけることができ、大事に至る前に対処することもできます。

家族で協力し合い、いつまでもキレイな外壁塗装を保ち続けましょう。

外壁塗装はいつまでも綺麗に!

お家の外側にある外壁は、お家の中にあるキッチンやトイレなどとは違い、つねに意識して注意深く観察していないと、SOSサインを見逃してしまいがちです。

外壁塗装屋さんにお願いして、定期的に外壁の点検やメンテナンスを行ってもらうのも悪くはありませんが、たまには家族みんなで協力して、いつも強烈な紫外線や雨風から守ってくれている外壁を労わりながら、隅々までキレイにお手入れしてみませんか。

四季彩ホームでは、外壁塗装に関するご相談のほかに、外壁のお手入れ方法などのご質問もお伺いしております!

外壁塗装は火災保険の活用をしよう

四季彩ホーム調査員外壁塗装を検討中であれば火災保険を活用した塗装プランをおすすめします。ご自宅を調査診断し適切に保険を申請すれば平均80万円の補償金を受給できます。それにより外壁塗装の費用を大幅に減らす事が可能です。保険申請のノウハウは四季彩ホームにお任せください。

▼このページをシェアできます
お知らせの一覧に戻る