住宅の豆知識

2022.08.21 住宅の豆知識

失敗したくない!住宅リフォームの打ち合わせで大事なことは?

住まいの老朽化や住宅設備のトラブルをきっかけに 住宅リフォーム・リノベーションを決断されるご家族が増えています。

しかし これまでに1度も住宅リフォーム・リノベーションを実施したことのないご家族にとって 何から始めたら良いのか、リフォーム・リノベーションに どのくらいの費用がかかるのか、リフォーム後のアフターフォローや保証は受けられるか など 不安や悩みが尽きません。

一般的に「住宅リフォーム・リノベーションの仕上がりは 依頼する業者によって変わる」と言われています。

しかし、クチコミ評価が高く 腕利きの職人さんが在籍している 優良なリフォーム・リノベーション業者に依頼したはずなのに 思っていた仕上がりと異なるというケースも多々あります。

なぜ 優良なリフォーム・リノベーション業者に依頼したのに 住宅リフォーム・リノベーションが失敗してしまったのか。

その理由は 打ち合わせにかけた時間と内容にあります。

住宅リフォームの大まかな打ち合わせの流れ

住宅リフォーム・リノベーションを決めたあと、1番はじめに行われるのが リフォーム会社との打ち合わせになります。

リフォーム会社との打ち合わせは 住宅リフォーム・リノベーションの仕上がりを左右してしまうほど 重要な要素となります。

では、住宅リフォーム・リノベーションの仕上がりを左右する リフォーム会社との打ち合わせは どのような流れで行われるのでしょうか。

リフォーム会社との打ち合わせ【1回目】

まず 1回目の打ち合わせでは、ご家族より「どのようなリフォーム・リノベーションをしたいのか」をリフォーム会社が聞き取ることから始まります。

ご家族は リフォーム業者に正しく要望・希望を伝えられるよう 事前にWEBサイトやSNS、カタログなどで 希望の住宅設備やリフォーム・リノベーション事例を用意しておくと良いでしょう。

また リフォーム・リノベーション事例と併せて 既存住宅の間取り図、リフォーム・リノベーションしたい箇所の写真も用意しておくと 打ち合わせがスムーズに進むだけではなく、より正確にリフォーム会社にご家族の希望・要望を伝えることができます。

リフォーム会社との打ち合わせ【2回目】

2回目の打ち合わせでは リフォーム会社の施工担当者による現地調査と既存住宅の劣化状況が行われます。

現地調査では おもに 住まいの採寸、既存住宅の状態、立地条件などを細かくチェックしつつ、ご家族が希望される住宅リフォーム・リノベーションが行えるか、追加工事が必要となる可能性はあるか、建材・部材などを運び込むための必要な経路を確保できるか なども併せて確認されます。

なお 優良なリフォーム会社と悪質なリフォーム会社では、採寸の正確性、調査範囲、既存住宅の状況の記録方法、丁寧なモノの扱い方、現地調査中のヒアリング内容などが大きく異なります。

悪質なリフォーム会社ほど 現地調査が大雑把であるため 現地調査後に出される見積もりにも「一式」という記載が多い、一般的なリフォーム費用相場よりも安すぎる、現地調査中のヒアリング時に不安をあおってくる といった特徴があります。

1つでも当てはまる場合には 毅然とした態度で きっぱりとお断りしましょう。

リフォーム会社との打ち合わせ【3回目】

3回目の打ち合わせは 現地調査を終えたあと リフォーム会社より ご家族の要望・希望と現地調査の結果を反映させた住宅リフォーム・リノベーションプランと見積もり書が届く 数日から2週間ほど経ったころに行われます。

なお 3回目の打ち合わせが終了してしまうと リフォーム会社と契約へと進んでしまいます。

リフォーム費用、リフォームローンや補助金・助成金制度の申請方法、設計プラン、使用される建材・部材、リフォーム瑕疵保険の適用条件、アフターフォロー体制など 住宅リフォーム・リノベーションに関する あらゆる疑問や不明点を きちんと解決してから 契約に挑むようにしましょう。

初回打ち合わせ時「プライベートな質問」をされる理由

リフォーム会社との初回打ち合わせでは ご家族が思い描いているリフォーム・リノベーション後の理想の住まいに関するイメージの共有のほかに ご家族全員のライフスタイル、生活リズム、趣味嗜好、将来のヴィジョンなどを細かく確認します。

一見 住宅リフォーム・リノベーションとは 無関係な質問に思われますが、じつは 住宅リフォーム・リノベーションのプランニングや設計を行ううえで とても重要な確認項目のひとつであり 優良なリフォーム会社ほど ご家族のプライベートなところまで こと細かく確認します。

会ったばかりの見知らぬ人に 自分自身や家族のプライベートな部分を話すことに 強い抵抗を感じるご家族もたくさんいます。

しかし、後悔しない住宅リフォーム・リノベーションを行うためには リフォーム会社からの質問に対して できる限り具体的に答えることで ご家族の希望・要望に見合うプランニングや設計の提案を受けることができます。

四季彩ホームでは 主に下記のような ご質問をさせていただいております。

住宅リフォーム後のトラブルを防ぐ 打ち合わせのポイント

住宅リフォーム・リノベーションを始める前に しっかりとリフォーム会社と打ち合わせをしたはずなのに、

  • 想定していた仕上がりと違っていた
  • 保証期間内なのに不具合の対応をしてくれない
  • リフォーム前よりも住み心地が悪くなった
  • リフォーム工事中に出た廃材やゴミが放置されたまま

といった リフォーム会社とのトラブルが 2004年以降 増加傾向にあります。

住宅リフォーム・リノベーション後のトラブルを未然に防ぐためには 住宅リフォーム・リノベーションを始める前に行う「打ち合わせ」にて ご家族とリフォーム会社とのあいだで認識のズレが生じないよう 綿密な打ち合わせを 最低でも4回 行うことが 重要です。

しかしながら 何度も綿密な打ち合わせを行ったとしても ご家族とリフォーム会社とのあいだで 多少の認識のズレが生じてしまうことがあります。

こうした認識のズレを防ぐための方法として 四季彩ホームでは、打ち合わせを行う前に ご家族の希望・要望が書かれたメモ用紙、仕上がりのイメージを具体的にするために住宅設備のカタログやリフォーム専門雑誌といった資料、既存住宅の間取り図などのご用意をお願いしております。

また 打ち合わせの内容やご家族からの質問を ご家族と四季彩ホームの双方で きちんと記録に残すことで「言った 言わなかった」の水掛け論トラブルを防ぐとともに、くち約束によって生じるトラブルも未然に防いでおります。

住宅リフォームの満足度は「打ち合わせ」次第!

リフォーム会社との打ち合わせにたっぷりと時間を割いたご家族は 住宅リフォーム・リノベーション完成後の満足度が高い 理想の住まいを作り上げることができるのに対し、見積もり金額のみを確認しただけで あとはリフォーム会社に任せてしまったご家族は 想定していた仕上がりとは大きく異なる 満足度の低い 残念な住まいとなってしまう傾向があります。

四季彩ホームでは、住宅リフォーム・リノベーションの仕上がりや満足度を大きく左右する「打ち合わせ」を大事にすることで ご家族が理想とする住まいづくりをご提案しています。

▼このページをシェアできます
ページトップ
さいたま市の外壁塗装は四季彩ホーム
SKSジャパンホールディングス株式会社
〒336-0936
埼玉県さいたま市緑区太田窪1-26-13 2階
TEL:0120-860-431

お電話でご相談

メールでお問い合わせ