保険申請事例

2019.06.14 保険申請事例

さいたま市のお宅〜雨樋の破損で火災保険が92万円下りました

▼このページをシェアできます

火災保険申請の事例をご紹介

今回ご紹介させていただくのは埼玉県さいたま市のお宅です。台風と積雪により雨樋の傾斜がズレてしまい、水の流れが悪くなっていましたが、正直これといって目立つ破損はありませんでした。しかし約92万円の保険金を受給することができました。

築年数 15年以上
申請保険種類 火災保険
四季彩ホームによる
被害額見積もり
雨樋:898,426円
総受給金額 922,636円
保険会社 東京海上日動
被害レベル
被災箇所 雨樋
災害内容 雪害
調査から補償金
受給までの期間
36日間

雨樋の事例

埼玉県さいたま市 M・T様

922,636円

火災保険活用事例火災保険活用事例
正直これといって大きな破損はありませんでしたが、台風や降雪により雨樋の傾斜が曲がってしまっていました。若干の開きも確認できました。補償金を受給できるか微妙なところでしたが、弊社のサポートにより約92万円もの保険金を受給することができました。このようなちょっとした被害でも、自然災害による損傷であれば保険金を受給することができます。

お客様の反応

お客様の声
 M・Tさん

どうせ保険金は下りないだろうと思っていて、無料でできるとのことだったのでダメ元でお願いしました。しかし予想とは反して92万円も受給することができて驚いています。外壁塗装もやらなければと思っていたところだったので、この保険金を使ってやろうか検討しています。ありがとうございました。

築5年以上ならまずはお家の調査を

四季彩ホーム調査員火災保険は火事以外でも申請することが可能です。自分では破損が確認できなくても、築5年以上の建物であれば被災箇所がある可能性が高いため、一度調査することをお勧めします。損傷を発見できれば火災保険を活用して補償金を受給できます。

▼このページをシェアできます
お知らせの一覧に戻る